つらい腰痛。マッサージ、揉みほぐしで改善しない理由


腰痛でも「揉めば治るもしくはマシになる」と考えて

マッサージ屋さんや揉みほぐし屋さん行かれて、   

何も変わらなかった!というお声はよく聞きます。

 

腰の凝り感ではなく、「腰痛」という具体症状に対して

揉んだり推したりして症状を変えるのはかなりのコツや知識が必要です。

 解剖学や生理学的基礎知識も必要となれば

適切な手技技術も必要となります。

 

その理由として・・・。

 

① つらい痛みを発生させる場合は、いわゆる凝りという程度ではなく

過緊張状態となっており、筋肉は強い緊張状態におかれています。

また腰痛を例にとれば

腰痛を発生させる筋肉は表面的な位置ではなく

背骨に近く深い部分になる事が多くなります。

有名なものでは”大腰筋”などがあります。

通常の体表面に近い筋肉を揉むマッサージ手技では届きにくいのです。

 

②また、同じ腰の痛みと言っても

痛み方(どの様な動作がやりにくいか?など)また

他の随伴症状や症状によって緊張を起こしている筋肉が違います。

問診は当たり前として、歩行動作やお体のうごかし方や徒手検査など

(施術者によって情報の採り方は異なります)
知識と経験に裏付けされた鑑別が必要となります。

 

 

漠然と腰を揉んでも効果がないのはこの為です。

 

患者さん(お客さん)の「ここ揉んで!」の言うとおりではまず無理です。

顧客満足考えるとこれでも良いのかもしれませんが・・・。

 

①と②を踏まえて

(知識と手技技術をもっている前提として)

適切な手技+適切なポイントをおさえる事で

腰痛の一時的な痛みの緩和は可能です。

あくまで一時的な緩和です。

 

これでは治ったとは考えれません。

 

 

腰という部位は人体において重心を構成する部位です。

言い方を変えますと”体幹”の最も重要な部位です。

上半身の捻じれや歪み、下半身の捻じれや歪み。

全身的な視点で

腰部に対しての負担をなくしていかねばなりません。

 

また、腰痛にはさまざまな要因があります。 

腰痛の原因として考えられる事は?

 

 

① 骨盤を中心として仙腸関節の捻じれや股関節の柔軟性や下肢の筋群の緊張など

 

②姿勢的な癖や生活における全身的な姿勢の崩れ。

 

③季節要因やそれに伴なう生活習慣の乱れや不摂生や不養生など

 

④内科的疾患の可能性

 

腰痛の原因としておおまかに言えばこの様な感じです。

①と②は骨格や筋肉を中心とした構造としての腰部への負担。

③と④は内的な腰痛発生要因です。

④などの場合について腰痛と随伴して発生しているお体の異常を観察が必要です。

例えば・・。尿などの回数や状態。便通などの回数や状態。

最近のお腹の状態や血圧や脈拍などもあります。

 

当院では随伴する症状などももちろんお伺いします。

必要な場合は医療期間へのご紹介もしています。ご安心ください。 

 

腰痛の施術。全身的な視点からの処置          アフターフォローを大切にしています。

 

    お体の捻じれや歪みによって発生している場合。

    歪みを発生させる要因となる関節の動きやストレッチなどを個別に

カウンセリングをします。

    日常生活の乱れについては、患者様の生活においての養生や指導といった

カウンセリングを行う事でつらい腰痛の再発防止を考えています。

    


腰痛治療の患者様の声

長年つきあってきた腰痛が解消。 膝痛・腰痛の治療

 

Q:どの様な症状で治療をうけましたか?

 

慢性の腰痛

 

ヒザ痛

 

 

 

Q: 治療後、症状はどの様に変わりましたか?また、それに伴って

 

日常の変化はありましたか?

 

 

 

 

腰痛ベルトバンドの常用がなくなり、腰高の左右差が減少しました。

 

ウエストサイズが小さくなりました。

 

 

 

名前 H.M   年齢 65歳

 

 

岸和田市在住