膝の痛みでお悩みの方へ。

慢性的か急性か?鑑別が大切です。

膝が痛むとひとことで言っても、いろんな膝の痛みがあります。

 

① スポーツ選手などの外傷による膝の損傷による痛み。

②   反復使用による炎症による痛み。

③    成長過程の小児などの成長痛。 

④  膝関節の変形からくる膝の痛みなど

 

膝が痛むと一言で言っても人によって病態はさまざまです。

 

年齢・痛む場所や痛み方(患部の状態なども)・考察される要因や原因。

を整理して処置が必要となります。

 

急性的なもの。慢性的なもの。

同じように扱ってはいけません。

慢性的な膝の痛みの場合、膝にかかる負担を減らす。

 慢性的な膝の痛みに対しては

当院の施術においては、膝関節のみ施術をしません。

 

全身的なひずみ、歪み。

右が痛むのか?左が痛むのか?

歩行姿勢などから患部に対しての負担や負荷を考慮して

全身的な処置をしています。

急性の痛みは損傷部位をいかに早く治すか。

 

怪我などの外傷で発症した膝の痛み。

 

膝にたいしてどの様に外力が働いたのか?

そしてどの組織が損傷を受けたのか?

 

徒手検査でも損傷部位の特定をすることは可能ですが

レントゲン等のよる画像撮影は有効です。

 

受傷後は早急に固定・安静の適切な処置を受けてください。