つらい「肩こり」でお悩みの方へ。

「肩こり」は日本人が最も多く感じる不快症状のNo1。「肩こり」が原因ではありません。            原因があるから「肩こり」がでるのです。

「肩こり」は日本人が最も多く感じる不快症状のNo1。

 メディアなどの情報でもしょっちゅう、アレが効くとかこの方法が良いとかやっていますね。

しかしながら全て人に効くという方法はありません。

一時的な緩和程度となるのがせいぜいです。 

「肩こり」が原因は様々です。

体質や生活習慣によっても「肩こり」のタイプが違います。

        肩こり」は、日常生活においての長時間にわたる不調姿勢。

 睡眠や食生活の不摂生や不規則。社会生活や日常生活によって受ける心理的ストレス。

肉体や精神ストレスから胃腸の不調が発生します。

更年期などのホルモン失調。また内蔵疾患。

風邪などの初期症状。高血圧でも

  頸や肩周辺の筋肉をこわばらせる姿勢不良など

 

さまざまな要因によって発生します。  

 

 メディア情報によっては

 また「肩こり」が原因で、上記の様な不調が出るという誤解を生む

表現が頻繁に紹介されますが、その逆で不調があるからこそ肩がコルのです。  


揉みほぐしやマッサージでもみ返した経験ありませんか?

肩こりだからと肩だけ揉んでも改善しません。

 

 単純に肩が凝っているのだから揉めばいいと考えれられがちですが

そうではありません。

 

改善を考えるなら原因を考えて施術をしないと

その場しのぐどころか、揉まれている間だけ気持ちが良かったが

改善しなかったという結果になります。

 

 首肩の歪みがあるなら整える。内的不調ならそれにあわせた施術が必要。

 

 例えば、心理ストレスで胃の動きが悪いなら動かさなくてはなりません。

 

 それによって初めて背中の筋肉やお腹側の筋肉が緩み

連動して肩甲骨周辺の筋肉群も緩みます。

 

 

もみ返しを起こさない様にするには

肩や頸という部分は重なりあった筋肉。

また比較的細い筋繊維が集まっており単純に硬いから強く押す揉むという

事は控えた方がよろしいです。

 

普段揉まれ慣れてない方では簡単にもみ返します。

また、逆に緊張が強くなってり症状が悪くなる事もあります。  

 肩のマッサージは揉まれていいる最中は気持ちいいのですが・・・。

後がこわい時もありますよ。 

「肩こり」は発生させる不調を読み取る。

当院の施術はおカラダの不調のサインから

肩こりを処置していく方法を行います。

 

イメージされているマッサージの様に肩の凝りを中心に肩ばかりを揉む様な方法ではありません。

肩にいく経絡の流れや運動の連動性などを調整して

肩の緊張を和らげていきます。

肩に負担をかけない方法です。

よってもみ返しなどを発生させる事がありません。