当院の施術の流れ。

 

当院の施術の流れをご紹介します。

1.全身的な姿勢の傾きや捻じれを確認。

 

2.患部の状態の確認。

 

3.カラダの状態や原因の情報収集

 

4.施術と患者様による確認。

 

5.養生のご提案。

  

 

1.全身的な姿勢の傾きや捻じれを確認。

 

  来院時から院内でのベッドなどへの移動の際の歩き方。

  なども実は観察しています。

  腰痛の患者様などでは腰のうごかし方、足の運び方などにも変化があります。

 

  意識的に行う動作では癖などわかりにくく、何気ない動作を観察する事で

  手足のうごかし方、癖などがはっきりと出やすくなります。

 

  ベッドにおいても姿勢の捻じれや傾きなどは確認しています。

2.お悩みの症状のご確認や患部の状態の確認。

 

  簡単な愁訴は受付でお伺いします。

  本格的にお伺いするのはベッドに移ってから行います。

 

  肩こりや腰痛などの運動器的な疾患愁訴の場合は

  関連する筋肉群の動きなどを確認する場合

  関節可動をチェックします。これは左右共に行います。

  関節毎に動く方向性や可動域が異なります。

  

  全身的な姿勢及び関節の動きをチェックするため。

  色々な動作をしていただく場合もございます。

  意識になかったやりにくい動きなどがあるかと思います。

3.カラダの状態や原因の情報収集

 

  自律神経の失調や慢性疾患や中長期的なお悩みの場合への対応。

  施術のプランを考える必要があります。

  

  伝統的な診察法である。

  脈診と望診。舌診などをこのタイミングで行います。

  気血の流れ、陰陽の傾き(例えば生活リズムの狂いやカラダの傾きなど)

  虚実などの情報を総合的に捉えて

  ここに至った経緯を考察する事で施術のプランをたてます。

  もちろん、その方の体力のあるなしなどもわかりますので

  どの程度の施術を行う事ができるか?なども考えます。

 

4.施術と患者様による確認。

 

  上記2,3を踏まえて施術を行います

  運動器的な愁訴の場合は、結果がとてもわかりやすく。

  痛みによりできなかった動きなどが可能であるか?施術後確認していただきます。

  もちろん症状によってすぐに改善するもの、10あった症状を半分ぐらいの痛みに

  軽減するものなど様々あります。(ペインスケールとも表現します)

  これは不具合のあった期間や状態によっても異なります。

 

  例えば、ぎっくり腰などは痛みとしては急に起こりますが

  痛む前から腰の不調などは存在するケースがほとんどです。  

  一回で痛みをゼロにはなりにくく。2,3回の施術を目安にしてください。

 

  いずれにせよ

  かならず結果は出す施術は行います。  

 

 

5.養生のご提案。

  

  肩こりや腰痛であっても日常生活において気をつける事は存在します。

  まして御本人にとって理由もわからない愁訴などは、カラダにとって不適切な

  ライフスタイルをされている事がほとんどです。

  とは言っても、現代の生活においてカラダに悪いことはあまりに多く、なかなか

  全てを変える事は多くの人にとって不可能な事です。

  まずは可能な所から省みてはいかがでしょうか?

  そのためのご提案をお一人ごとに異なる状態・環境に合わせてご提案しております。