つらい腰痛でお悩みの方へ。

”冷え症”は腰痛持ちになりやすい。

 

 

未病でもある”冷え症”は

手足の末端が冷たくはっきりと自覚のある方もいれば。

ご自身ではまったく自覚のない方もいます。

 

手足末端が冷えやすい。寒がり。

胃腸が弱いまた不調になりやすい。

生理不順である。疲れやすい。

睡眠が浅い

・・・・・などなど。

 

冷えによる症状は沢山あります。

 

上記症状はいずれにせよ

腰痛を引き起こしやすい症状群となります。

 

胃腸が弱い方などは冷たい飲食ですぐに腰が痛くなり

 

生理不順の方などは、腰痛は体調の悪い時すぐになりやすく。

 

疲れやすい場合なども

 

腰が前かがみになりやすくこれも腰痛を発症しやすくなります。

 

経験されている方は多いと思います。

 

 

普段は腰痛よりも肩こりの症状が目立つ事も・・。

 

 

冷え症”というものは、低体温症の事でもあります。

 

各臓器への血流も低下しがちとなり、新陳代謝低下から末端まで充分に血液供給がしずらくなり

 

普段では腰痛よりも肩こりを感じやすい方が多いはずです。

 

肩と腰では随分と部位が離れている様に聞こえると思いますが

 

実際は、人間の動作においても肩と腰は密接に関係しております。

 

「普段は肩こりが強く時々腰痛が・・・。」

 

なんて言う方の場合は

肩こりの為にも腰痛になりにくい体にして行くことをおすすめします。

 

 

”冷え症”の治療もやっています。

 

 

実際、冷え症の改善は大変な努力が必要です。

 

冷え症”で悩む方は多く存在しており

多くの方はいろいろな体の不調が出現してから本格的にお悩みになります。

 

近年では冷え症対策として

ヨガやその他の運動など取り組む方も多くいます。

 

冷え症でお悩みの方の多くは

成長期にも運動をしてこなかった

色白で外に出ることも運動もあまり好きではない。

という傾向があります。

 

また

胃腸を中心として消化器系が弱い

また呼吸器系なども弱いなど

体質的な要因も存在しています。

 

 

10代や20代前半頃から

意識的に運動や野外活動などを生活習慣に組み込まれて対策された場合

と比較すれば

 

症状が顕著になってくる40代では

いろいろな事を試されてもなかなか改善しずらいです。

 

さらに言えば

10代や20代の頃よりもちょっと人生が複雑になっている事でしょう。

 

単純に運動習慣だけではありません。

お体に弱った機能も出てきます。 

 

自分を取り巻く環境において可能な事をコツコツとやっていく必要があります。

 

当院はサプリメント販売などはしていませんので

それぞれの方のライフスタイルと

体質に合わせての養生などもアドバイスさせていただいております。

 

 

ご自身の努力も必要ですが

少しずつちゃんとした体に治していってはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 


腰痛の原因は?