健康保険の取扱について

柔道整復と鍼灸の健康保険について

健康保険の取扱についてお伝えします。

 

”柔道整復療養費”と”鍼灸療養費”があり

それぞれ別の国家資格によって扱えるものでそれぞれ違います。

 

 

柔道整復療養費について

 

柔道整復療養費? 

よっと聞き慣れない言葉ですね。

 

簡単に言えば、街角にある 整骨院でどこかしら痛めた際に使える健康保険の事です。

 

近年では、国民健康保険を扱う各市町村・組合保険を扱う各団体など

それぞれの方が加入する団体からの会報や通達などで

 

保険取扱いの要件として

「捻挫・打撲など受傷機序のはっきりした、怪我でないと支給対象にはならない」

 

単純な慰安目的

「肩こり・腰痛」の揉みほぐしは支給対象とならない。

 

と、ご存知の患者様も多いのですが。

まだまだ知らない方も多いようです。

 

またほとんどの整骨院が保険取扱前提で営業していますから

どっちなの?と疑問がでるのも当然です。

 

療養費支給については下記にリンクしております。参考になさってください。

厚生労働省ホームページ 「柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて」

 

当院の考えとして。

 

痛みの原因はきっちりと診察して処置しないと治りません。

 

外力的に発生して怪我による痛みと

外力的な要因のない痛みはまったく別物です。

 

治していくなら処置の仕方は異なります。

 

ただ、漫然と痛む患部を揉みほぐすのは良いことではありません。

 

 

転んだ、捻ったなど、怪我した原因がはっきりしている痛みの場合は

長く放置せず早急に受診する事をおすすめします。

 

 


鍼灸療養費について

灸施術の健康保険適応は下記に挙げる6疾患にたいしては認められています。

 該当する疾患にたいして医療機関で受診の上

医師による同意をうけ、同意書を発行してもらってください。

 

健康保険適応の6疾患は下記の通りです。

 

1.神経痛

2.リウマチ

3.腰痛症

4.五十肩

5.頚腕症候群

6.頚椎捻挫後遺症

 

詳しくは厚生労働書ホームページを参照してください。

厚生労働省ホームページのリンク

 

 

※ 当院での健康保険を使っての鍼灸は自費で行っている内容とは異なります。

ご了承ください。