検査で異常が出ないから、自律神経失調症と言われるのです。

原因もないけどカラダのどこかが痛む。

頭痛・めまい・疲労感・動悸がする。胸が苦しい。

睡眠障害などなど。

 

症状がでて、病院を受診、検査をしたけど異常なし。自律神経の失調と言われた。

 

自律神経失調症は、病院で検査しても何も異常の見つけられない時に使う

バスケットネームとしての診断名でもあります。

 

 

通常、病院での処置は、症状に対しての対症療法が中心です。

 

短期間(2週間程度)で症状の収まった方はそれでいいのでしょうが

困ってくるのが、何ヶ月にも渡って中長期的に症状抱えて困っている方もいます。

 

 

 

伝統療法では

五臓の働き、気血陰陽の異常から症状が出ると考えます。

 

病院の理学検査と異なって体が出している情報を

脈・舌・顔色・問診など(四診といいます)から客観的に収集して総合判断していきます。

収集した情報から、その時の個別の状態にあわせて処置を組み立てていきます。

 

手法としては鍼灸・整体・推拿などを使っていきます。

また漢方薬との併用も有効です。