整形外科・整骨院での”ただ揉むだけ”に疑問を感じたら

揉むこと=治療 ではありません。

~首・肩・腰・膝の痛み 運動器疾患~

 

”揉めば治る!”と考える方が多く。

単に揉みに行って何も変わらずがっかりされる

事も多いと思います。

 

揉んで治るのは筋疲労です。

しかも、痛みの場合は

違います。

 

日常生活において発生する痛みは

痛みの状態・関節の動き・身体の歪み

健康状態など、きっちりと見極めが必要です。

 

 

一例を挙げますと

膝の痛み。前かがみによる歩行姿勢により、大腿の筋肉群に荷重負荷が強くなる為に発生します。

一般的には大腿筋のマッサージ。整形外科においては関節への注射をしますが

 

当院の場合では、膝痛にたいして大腿の筋肉の緊張原因を考察。また歩行姿勢や患側への荷重負荷が増大した

姿勢要因なども考慮した上での施術をしています。

 

それぞれに患者様にたいして異なる症状や状態があります。人にあわせた方法が必要となります。

はっきりした原因がわからない。患部に問題がない場合などはなおさらです。

揉んで治るのは筋肉の疲労。痛みは別物です。

治していくことだけを考えています。

揉むだけなら、他にいくらでもある。


 

怪我の様にはっきりした原因がない。

 

つらい首や肩のコリ感。

慢性的な腰痛。膝の痛みなど。

筋肉や関節といった運動器の疾患。

に悩まされている方は多いと思います。


原因がはっきりしない
筋肉や関節の痛みや不具合。

 

患者様の訴えのまま”患部を揉みほぐす”

という方法が、整形のリハビリでも多くの整骨院

で行われており一般的です。

 

その様な施術を受けている多くの方の感想はというと?

 

「治らないけど、揉んでもらって気持ち良い」とこの様な事を言われます。

 

実際、治していくことが二の次となって、単に気持ちよさを求めて通院している方は非常に多く。

そのニーズにあわせて、揉み療治を治療と言って施術を提供している所が多く。

治療を求めている方においては、治しに行っているのか?揉みに行っているのか? わからなくなり

結局、通っても無駄という事がわかり、通院をやめてしまうケースもあります。

 

        治療 = 揉むこと  とは考えない方が賢明です。

 

      揉み療治が有効な場合もあります。

 

 

 施術する側の声を聞いても

「集客のために仕方ない」「院の方針だから」と諦めるしか仕方ありません。

真面目にやっている先生には残念な思いをされている方が大勢います)

 

 

一方、揉まれる事が目的ではなく、治していく事を目的とされている方には

”通院しても時間無駄”と考える方も多くいらっしゃいます。

 

単に治療という名を借りた、慰安目的の方も実際に多く改善を求める方にはどうなのでしょうか?。

 

原因のはっきりしない痛みは、日常生活におけるエラーが原因となる場合が多く。

それにより関連する筋肉が過緊張やこわばりを発生させて適切な動きに支障がでます。

 

この様な痛みの場合。

当院は、痛みの患部だけに着眼していません。

例えば、肩や首のコリであっても、飲食や睡眠のエラー・精神的ストレスなどによって

身体のどの流れが停滞をおこして、筋肉の連動的な運動に支障がでているのか?

首や肩は肩甲骨の動きと連動しています。肩甲骨の動きをつくる背部、胸部。

上腕骨頭の位置、上半身と連動する腰部の動き股関節の動きなどをみることで

姿勢全体もあわせてみています。

 

その為、肩こりや首の痛みでも足のツボを使ったり動かしたりという事をします。

もちろん患者様によって内容は異なります。同じ患者様でも毎回する事が異なります。

 

ベストエフォートを常に考えて施術しておりま


”肩こり””腰痛”膝の痛み”etc・・。
  ~体の痛み~。

頸のこりや肩こり。

膝痛・腰痛など。
体の不調によって発生する事が多く

患部に問題がない為、レントゲン撮影しても

患部には何も問題がない場合が多いです。

 

その為、患部的な揉みほぐしは

一時しのぎにしかなりません。

 

 

改善をする為には、原因に応じた処置が必要となります。

日常生活におけるエラーが多く。患者様ご自身も何が問題になっているのか。

分かっていない場合が多い。

 

当院の場合では、痛みの症状処置と併せて生活での養生指導も人に合わせて行っています。