つらい肩こり。単に揉んでも気持ち良いだけ。効果なし

肩こりのもとは、毎日の生活にある。

画像をクリック
画像をクリック

”ちょっと疲れて肩がこった”という場合ではなく。

 

つらい肩こりや首のこり。慢性的な肩こり。

 

頭痛や眼精疲労にしょっちゅう悩まされている様な方。

 

喉の乾き。メニュエル様症状に時折悩まされる方。 

 

が対象のお話です。

姿勢の悪さが首や肩の筋緊張を発生させている。

首・肩の動き・背中・胸の左右前後を整える必要性があります。

  

 

つらい症状の最中にその余裕はないかもしれません。

症状のひどくない時に鏡に写ったご自身を確認してください。

 

姿勢悪くないですか?

 

肩の位置が左右で違っていたり

背中が丸くなっていて、首が前に行っていたり。

 

元々、姿勢が悪いから・・・・。

どうしようもない・・。と諦めるか?

今のうちになんとかしようと考えるか?

 

この2択で大きく変わります。

 

諦めてしまっている方には、どの様な養生法も

 

 

 

 

 

 

 

  正しい骨格の位置関係にない場合、常に筋肉などに余計な負担が加わります。

 

肩こりの場合などは、頭を支える頸、上肢を吊り上げている肩周辺の筋肉など

 コリを生じさせたり、ひどくなってくると緊張が強くなり痛みが生じる事もあります。

 

コリのある患部だけを揉みほぐしても改善にいたらないのは

全身的な位置関係のくずれを無視してしまっています。

 

歪みのあるカラダは知らず知らずに負担がかかり

血流やリンパの停滞を発生させやすい結果となります。

 

”改善”を求める場合

カラダのゆがみを正しくして必要があります。