慢性や原因のはっきりしない。膝の痛みについて

改善していく為に必要な事は、膝への負担を考える事です。

半月板損傷、膝の十字靭帯損傷、

膝の側副靭帯損傷などなど

 

不幸にも怪我や外力によって受傷した膝。

損傷状態によってはオペも必要という場合

の話ではありません。

 

外力的負担も感じず

はっきりとした原因も分からなかったり

日常生活において発生する膝の痛みの場合です。

 

 

膝の痛みというのは、膝周囲の軟部組織の異常や大腿筋群(ふとももの筋肉)の緊張などによって発生する事

が多く、太ももの筋肉の過緊張は膝の内・外側の膝関節の隙間(クリアランス)を狭めたりする要因となり

膝関節においての擦れが大きくなり炎症を起こしやすい下地を作ってしまいます。

 

 

慢性的な痛みや日常生活や運動などによって発生する膝の痛み。

 

膝の痛みというと、どうしても下肢筋力の低下する高齢者に多く

高齢者のお話の様に聞こえるかもしれませんが

 

足腰のしっかりした方、運動もしっかりできる方にも大変多いお悩みです。

 

例えば・・・。バレエやダンスなどの練習中。腫れ上がる程ではないけど膝に痛みを感じる場合

などもそうです。

 

 

痛みの中心が膝なので
どうしても膝に集中した処置になりがちですが

 

 

慢性的であったり、定期的に膝の痛みを発症する場合は、

膝にかかる荷重負担や歩行姿勢なども考慮すべきです。

 

 

膝にかかる負担。

単に何もせず立ってだけでも、

膝に荷重的な負担はかかります。

 

当然、歩行や走っている時は当たり前で

運動時にはすべて、負担がかかります。

 

反復的に左右差が発生した場合

膝周囲及び大腿筋への左右の負担差が生じます。

 

膝周辺の軟部組織また

大腿筋の過緊張は膝の痛みの原因となります。

 

また膝の内・外のクリアランス差の要因ともなります。クリアランスの差は膝の曲げ伸ばしの際

膝内部へかかる圧力差ともなります。

 

膝への左右の荷重及び加圧の差の要因としては

 

 ○股関節の動きの左右差、

 ○上半身の捻じれや歪みなどによる左右への負担の差

 ○左右の膝の可動範囲や動き方の違い

 

他にもありますが

いずれにせよ。左右の膝への負担の差には複雑な要因が考えられます。

またこれらの要因により内・外側のクリアランスの違いなども発生すると考えます。

 

やや話がややこしくなってきたかもしれません。

 

簡単に言えば

 

”膝の痛み”であっても、

膝の状態はもちろん大事ですが、膝だけに着目するのではなく、全身的な動きを考慮して

膝への負担を考えた施術が効果的です。