~伝統的な診察法~

望診のお話

体の動き・姿勢。顔・舌。お肌にも健康状態がでる。

望診という診察法。

人の健康状態は、姿勢・体の動き。顔色・形。舌の色や形。お肌にも健康状態が反映されます。

傍からは観察してわかる事なので、

ご本人には、気がつかない事がほとんどです。

 

 

歩き方・動き方などは、患者様自身が上手に動こうといった、

意識した動きではなく、自然な姿をさりげなく観察する事が大切です。

顔の色や形。舌の色や形。

顔望診、舌診という名前で知られています。

漢方・鍼灸とも同じ理論で治療する伝統療法に伝わる

内的な体の働きをみるのにとても役にたちます。

 

いずれにせよ客観的に観察して初めて見えてくることです。

 

ご自身の目で見てみたい方は、施術前にお気軽にお声がけください。
施術前と施術後を画像でご確認いただくのも変化がわかり面白いものです。