更年期障害の治療

閉経期を前後して

女性特有のホルモンバランス失調により発症する症状です。

 

症状の大きくでる方、全く無症状のまま過ごされる方さまざまです。

 

更年期障害という事でひとくくりにすることなく

症状の出方によっても原因が異なってきます。

当然、治療の方法も生活の養生も変わってきます。

 

当院においては

鍼灸もしくは推拿治療をおすすめしています。

 

<症状>

 

めまい・頭痛

口が乾きやすい

怒りっぽい

便秘または下痢しやすい

腰がこわばりやすいまたは力が入りにくい。

上半身だけ暑がりまたは

全身冷え感がある。.


テキパキ働き、いつも遅くまで起きているタイプの方

肝腎陰虚という症になりやすい。

 

血が頭にのぼりっぱなしにならず

全身をめぐるようにしていきます。

きっちり休養を取ることも大切です。

 

 

 

いつも冷え感がり、動きたいけどすぐに疲れてしまって動けないタイプの方

脾腎陽虚という症になりやすいです。

 

まずは冷えを治していく必要があります。

そして適切な栄養をとっていくように

していきましょう。

動けるようになってきたら

適度な運動もしてください。