”冷え症”は腰痛の原因になります。

 

 

未病でもある”冷え症”は

手足の末端が冷たくはっきりと自覚のある方もいれば。

ご自身ではまったく自覚のない方もいます。

 

手足末端が冷えやすい。寒がり。

胃腸が弱いまた不調になりやすい。

生理不順である。疲れやすい。

睡眠が浅い

・・・・・などなど。

 

冷えによる症状は沢山あります。

 

上記症状はいずれにせよ

腰痛を引き起こしやすい症状群となります。

 

胃腸が弱い方などは冷たい飲食ですぐに腰が痛くなり

 

生理不順の方などは、腰痛は体調の悪い時すぐになりやすく。

 

疲れやすい場合なども

 

腰が前かがみになりやすくこれも腰痛を発症しやすくなります。

 

経験されている方は多いと思います。

 

 

普段は腰痛よりも肩こりの症状が目立ちます。

 

 

冷え症”というものは、低体温症の事でもあります。

 

各臓器への血流も低下しがちとなり、新陳代謝低下から末端まで充分に血液供給がしずらくなり

 

普段では腰痛よりも肩こりを感じやすい方が多いはずです。

 

肩と腰では随分と部位が離れている様に聞こえると思いますが

 

実際は、人間の動作においても肩と腰は密接に関係しております。

 

「普段は肩こりが強く時々腰痛が・・・。」

 

なんて言う方の場合は

肩こりの為にも腰痛になりにくい体にして行くことをおすすめします。