つらい腰痛でお悩みの方へ。

”ぎっくり腰”の場合。 通院回数は1~2回。

急に発症する”ギックリ腰”

 

日常生活の行動に支障のでる症状です早期回復が大切です。

 

当院の施術実績では1~2回です。

(程度、状態、発症までの期間などによって違いはあります) 

 

急に発症するパターンも多いですが、

普段から腰に違和感がある場合がほとんどです。

 

痛めてから受診されるパターンが圧倒的に多いですが

患者様の生活に支障がなく周囲に面倒かける事もないので

痛みや違和感が軽いうちに処置しておく事をお勧めします。

 

 

腰痛の原因はいろいろあります。

 

 

① 急激な動作などによる外力による腰部の捻挫などによる怪我。

 

② 腰椎部(腰の骨)の各種整形疾患。

 

③ 泌尿器・婦人科などの内蔵疾患。

 

④ 全身的な姿勢の捻じれやゆがみによる腰部への負担。 

 

⑤ 生活習慣のエラーによる内的不調や失調による腰部筋の緊張や腰部への負担。

 

※ ① の場合は、原因がはっきりしています。

②~⑤ ご本人にも原因はわかりにくいものです。

 

 

 

 

当院での施術として得意なのは

上記の腰痛原因としては①④⑤になります。

 

①については怪我の処置にすぎないのでお近くの整形外科を受診してください。

 

来院をお勧めしたいのが④⑤です。

 

④ 全身的な姿勢の捻じれやゆがみによる腰部への負担。 

 

 

⑤ 生活習慣のエラーによる内的不調や失調による腰部筋の緊張や腰部への負担。

 

 

 

腰という人間の構造上、要となってくる場所です。

 

足からつながる下半身と上半身を乗せている所になります

 

当然、

腰から上の上半身の捻じれやゆがみ

腰から下の下半身の捻じれやゆがみの影響を受けます。

 

上記②の場合では

腰椎を中心として腰部筋群。

 

③の様な場合は

内的に弱っていたりする体の表面や

腹部・胸部・背部にそれぞれに該当する部位に緊張が出現します。

 

筋肉緊張は体の動きを制限かけてきます。

(簡単に言えば動きが悪くなります。)

 

中・長期的な動きの悪さは

からだのひずみやゆがみを生じさせます。

 

結果、腰部での左右や前後の筋緊張のアンバランスが発生します。

骨盤付近の股関節や仙腸関節の動きの悪さも発生しやすくなります。

 

(近年よく言われる”骨盤のゆがみ”です。)

 

この日常から存在するゆがみひずみが

腰痛の温床となります。

 

慢性腰痛やしょっちゅう腰痛に悩まされている方は

お体のねじれやゆがみが極力発生させないようにする事が大切です。

 

もちろん。

施術だけでなく、日常生活において

おひとりおひとりの状態ごとに異なる。生活改善が必要です。

 

当院では施術だけでなく

お一人ごとに必要な指導もしております。