鍼灸治療のご案内

古の知恵を今に活かす。

 

鍼灸治療をご存知ですか?

代替医療の代表的な治療方法のひとつでもあり

歴史とともに伝えられてきた、古医術です。

 

近年では、整骨院と併設していたり、医療機関のリハビリでも行われています。

「鍼灸」と書かれた看板は街中で見ることができるようになり

身近になった様に感じますが、

肩こり、腰痛の際にこわばった筋肉に鍼を刺して緩めるだけ・・・。

の様に誤認識が多いようです。

 

漢方・鍼灸・推拿など同じ理論の元に運用します。

 

 

医療機関の処方にも、漢方薬をだされる事も多く。

漢方薬を使っている方は多くいると思います。

 

しかし、漢方処方と鍼灸や推拿と呼ばれる技術。

同じ理論で施術しています。

 

ただ手技を使う、鍼や灸を使う、漢方薬を使うという様に

方法はちがいますが、同じ理論を使っています。

 

「人の顔色をみる」や「脈をとる」「目の色が変わる」など人の様子を見る言葉がありますが

これは皆、昔から伝わる診察法です。

望診・・・人の姿勢、顔色から体の状態を診察法。

切診・・・脈診や腹診など体に触れて診る診察法。

聞診・・・お体の異常音や声色などの聞く診察法。

問診・・・お体の状態についてお伺いする診察法。

 

現代では問診中心になっているかもしれませんが、これらは昔から伝わる診察法で

患者毎に異なる状態をこれらの技術を総合的に使って調べます。

同じ方でも季節や状態によって変化していきますが、これらの技術を使う事で

毎回の施術を最適化していきます。

 

ご自身の状態を客観的に話せる方やいきなり何でも話せる方などは滅多にいません。

望・切・聞診などは特に重要で、患者様自身が気がついていない状態を客観的に診ることができて

問診情報を照らし合わせる事でよりお体の状態を正確に把握する事が可能になります。

 

 

個人にあわせたカスタマイズします。

さまざまな症状に適応します。