梅雨はなぜ体がだるくなる?

梅雨はなぜ体がだるくなる?

 

梅雨の時期、何かと身体の不調が多くなります。

 

 

足のだるさやむくみ、冷え感。腰の痛み、膝の痛み。肩こり。

 

めまいやフラつきなど自律神経症状を訴える事もあります。

 

人によっては古傷が痛んだりというのもあり。長年の経験から雨降り予報ができる方もいらっしゃいます。

 

湿度が高いため水分排泄が不調になります。

 

 

 

北半球は、真夏に向かっていく日差しの中

 

暖められた海洋から大量湿気を含んだ大気が

 

日本付近に停滞して雨を降らせます。

 

よくご存知の梅雨前線ですね。

 

 

じめじめと蒸し暑い日が続き

 

体の中も湿りがちとなります。

 

 

 

身体の中の湿気は

 

汗や呼吸またはおしっこなどで

 

排泄をする必要がありますが

 

 

大気中の湿度が高いため

 

なかなかうまくいかないのが湿気の多い

 

この時期の特長です。

 

 

 

 

 

 

 

梅雨の雨

体内の湿気をとばして、暑い時期にそなえましょう。

 

東洋医学でいうところの「湿邪」によって体が困っている状態となります。

 

 

体内の水分の過剰や停滞がおこり胃腸機能の低下・代謝機能低下などの発生が考えれます。

 

 

 

この時期をうまく乗り越えていかないとこれから本格的な暑さにたいして

 

体がより辛くなります。

 

 

体もこころもじめじめしないように 

 

 

体調を整えておきましょう。

 

 

次のブログ