鍼治療は痛いのか?

質問!鍼治療は痛いのでしょうか?

 

鍼灸院などの質問コーナによくある。

 

Q: はり治療はいたいですか?という問いにたいして

 

A: 痛くないですよ。刺す鍼は髪の毛程度の太さの鍼です。

 

  痛みも感じません。 

 という回答がよくあります。 

実際、思っているほど痛くないかも。

 

 単に鍼を刺すという事だけに限っては。

 

 「鍼管法」という一般的な技術がありまして。

  

左の画像

 赤い鍼を良く見ていただくと

 透明の管をつまんでいるのが見えます。

 

 これが鍼管です。

 この鍼管を皮膚に押し付ける事で

 痛覚を鈍らせて鍼を刺入します。

 これにより大幅に刺す刺激に対して

 痛みは軽減はします。 

 

梅雨の雨

鍼灸治療で大切なのは刺激の与え方。

 例えば、経絡を疎通させる場合。

経絡の流れに沿って軽く電気が流れた感じがする場合もあります。 

実際、鍼治療では刺入後にツボを治療目的によって異なる刺激を加えます。

 

 

「気持ちいい!」という方もいらっしゃれば

「痛い!」という方もいます。 

 

感じ方は患者さん次第。人により違う。

 

刺激が心地よいという方もいれば苦痛という方もいます。 

受け側の感性による所が大きくなります。

 

 

ちなみに・・。注射針と同じに考えないでくださいね。 

太さがまったく違いますから。

 

 

 

まずはイメージによる思い込みより 

体験してみるのが一番いいのじゃないか?と考えます。 

 

 

どうしても嫌な方は 

「推拿」という鍼灸理論を使ったマッサージもあります。 

お試しください。

 

 

← 前のブログ                次のブログ