鍼灸治療にも種類がありますよ。

鍼灸治療を受けてみる前に知っておくべき事

 

「鍼灸」と書かれた看板は町中でみることができますね。

 

と言っても施術の方法や施術に対する考え方は様々あります。

 

 

「考えていたのと違うなぁ・・・。」

 

とならない様に

 

受診する前に簡単に知っておいたほうが良いことをお伝えします。

 

 

 

西洋医学的鍼灸・東洋医学的な鍼灸 同じ鍼灸でも違います。

 

 

一般的に多い鍼灸施術の方法は

 

肩こりや腰痛などにたいして

 

や腰の緊張している筋肉を直接ねらって鍼をうつ

 

または灸をするタイプの鍼灸治療が一般的です。

 

 

これは現代鍼灸と言ったり、西洋医学的鍼灸と言われ

 

ています。必要になるのは東洋医学的な知識よりも

 

解剖学的な知識が中心になります。(どこの何の筋肉

 

があるか?など)よって疼痛などの症状改善がメイン

 

の対処療法的な処置になります。

 

保険診療を中心として現在多くの所でうける事ができ

 

ます。

 

 

 

 

もう一方の東洋医学的な鍼灸。

 

ざっくりとこういう表現をしましたが。

 

中国や日本などで昔から伝わってきた鍼灸を

 

現在でも頑張っているやり方。

 

 

流儀や考え方の違いはありますが

 

伝統的な鍼灸治療を行います。

 

昔から医療として鍼灸を行ってきた経験の蓄積があり

 

各流派特色のある診察法・治療法を持っています。

 

肩こりや腰痛であっても

 

原因を考察して処置します。

 

疼痛患部に直接、鍼をうったり灸をすえたりは

 

あまりしない場合もあります。

 

治療方法にも難しい考え方を要求されるので

 

先生方が勉強していないとつかえません。

 

よって技術者養成に時間がかかります。

 

(鍼灸国家資格とは別の勉強です。)

 

 

施術にたいしてこだわりを持つ先生が多く。

 

保険対象の施術ではありません。

 

ほとんど自費で受けることになります。

 

 

 

 

 

西洋医学的な鍼灸と東洋医学的な鍼灸。

 

比率でいえば 8:2 または と言ったところでし

 

ょうか?(性格な数字はわかりません)

 

 

 

梅雨の雨

施術を受ける前に事前にご相談されてはいかがでしょう?

 

どちらがいいのか?

 

それは患者さまの考え方次第ではあります。

 

 

 

 

とりあえず痛みを止めたらいいのか?

 

ちゃんと健康に貢献できる施術をうけていくのか?

 

 

 

 

治療を検討する院の先生とご相談されてみるのが良いと思います。 

 

 

 

← 前のブログ                       次のブログ