整骨院・整体院どう違うの?

近年、この手の看板はどこに行ってもよく見掛けます。

 

ややこしいのが「整骨」と「整体」。 

さて・・・・。何がどの様に違うのでしょうか?

 

「整骨院」という屋号

一昔前。柔道整復師の資格を持つ先生が「ほねつぎ」「接骨院」という看板を掲げて

脱臼・骨折・捻挫・打撲の処置を行っていました。

 

これの名残りが現在でいう「整骨院」です。

開業するには国家資格が必要で、保健所の届け出も必要です。

 整形外科という科目が大病院にしか存在しなかった頃。上記の様な怪我をされた方

が通っていました。(以前はレントゲンも撮れたのです)

 

近年においては、町中に整形外科病院も増えてきました。

それにより本来の業務が少なくなり、 

「ほねつぎ」や「接骨」という看板から「整骨院」という名称になってきました。

 現在においては健康保険の効くマッサージ屋イメージの方が強いでしょうか?。

本来の業務は上記の急性外傷です。

急性外傷患者で忙しい院あるのかな? あったら教えてください。

 

 

「整体院」という屋号

 整体師という国家資格はありません。大概の場合、団体の認定資格です。

団体によって履修科目や研修期間の差があるようです。

その為か ”◯◯式” ”◯◯流” いろんな考え方ややり方が存在します。

とは言えどれもすごく簡単に言えば

”身体の歪みを治し健康に貢献しよう”とサービスを提供しているお店です。

 

前述しましたが国家資格ではありません。

誰でも”整体師”名乗ってしまうことも可能。さくっと開業可能。

中にはあやしい~のもあります。素晴らしい先生もいます。

 

 

柔道整復師が整体を学んでサービス提供している場合は多々あります。

(私もそのひとりです)

逆に整体師が柔道整復業をする事はありません。 

 

「整骨」と「整体」一文字違いでも結構違います。