· 

モートン病は、バレエには辛いでしょ!

 

「モートン病ですか・・・。」

 

こんな会話から始まった施術。

 

 

足の中指、薬指が、足のつま先立ちの接地で痛む症状。

 

”モートン病”と知られています。

 

 

一般の方では、ヒールの高い靴は痛みのため履きづらく。

 

つま先立ちが、常用されるバレエの練習においては

常に痛みを抱えながら動く事になります。

 

 

一般的な治療法とし知られているのは

 

○ インソール(足底板)を使用しながらの保存療法。

  アキレス腱を和らげる様に揉みほぐししながら。

  ※ ちなみに、個人にあわせたインソール製作が必要になります

 

○ いよいよダメな場合は手術ですね。

  こちらは、整形外科の先生とのご相談。

 

 

 

 

長年、お悩みだったようで

手術療法以外は全て試したという事でしたので

 

まったく違う方法を考えなくてはいけません。

・・・即興で。

 

そこで足指間の痛みの要因となる

足のアーチ構造への負荷を考えます。

アキレス腱の緊張要因。

 

こららの原因を調べなくてはいけません。

 

足のアーチには縦方法と横方向とあります。

また、足のアーチの緊張が強い場合は、膝から下(下腿)の筋緊張状態も発生します。

 

アキレス腱についてもどのラインに異常あるのか?

 

痛む足の方(患側)と痛まない足(健側)の血の流れ方を調べます。

 

痛む方にかかる荷重状態を調べるため。

左右、足首 膝 股関節 体幹 肩 首の関節可動状態もサッと確認。

 

下肢へ血流が送りにくい状態だった様子。

 

 

体の歪み捻じれを整えて下肢の患側への過重負担を減らし

食生活の適正化を指導させていただきました。

 

痛みのない足で練習は

「今までがなんやったんや。」という事です。

 

痛みをかばっての練習は、正しい動きの妨げとなります。
我慢せずに早めにどうぞ。