· 

強めのマッサージが良い!!ワケではありません。

強めのマッサージが効く!!

 

と単純に考えている方は多いのでは?

 

”受ける側”も、”マッサージする側”もそう考えている方は多いと思います。

 

改善していく、治していくという観点で言えば ”強めがいい”という事ではありません。

 

強い刺激になれてしまって、感覚が鈍くなっているだけ

もしくは心身共に感覚が鈍くなっている。

 

 

何かしらの要因で、緊張して凝った筋肉。

 

これをほぐすのに、単に硬いから力任せにするというのは

良いことではありません。

 

一般的に言って

 

弱い刺激は、副交感神経を高めやすく。

強い刺激は、交感神経を高めやすいです。

 

過剰な刺激は、逆に筋肉の緊張が強くなる場合も多いです。

 

お肌から筋膜までの間には、結合組織層、毛細リンパも流れます。

 

単に力任せ。で揉んでしまって筋緊張を作れば

リンパ流れが局部的に停滞すれば”もみダコ”をつくる事にもなります。

 

あくまで適度な刺激が必要です。

 

コリをほぐすに必要なのは、手技のテクニックであり

チカラの強弱ではありません。

 

お体の状態にあわせて

また局部的な状態にあわせて手技なども使い分ける事が大事です。

 

気持ち良さばかりを追求しすぎて

強い刺激を受け続けると感覚は鈍くなり、どんどん強い刺激を要求する体になります。

 

「受けている最中は気持ちが良いけど

終わったら改善もしていないし、数日熱感が残った。」

 

 

あきらかに刺激過剰です。

 

 

 

とはいえ

 

強い刺激が良いと信じて疑わない人。

揉めばなんでも改善するとお考えの場合には、理解し難い事でしょう。

 

治療院として必要なのは、治す事もしくは改善する事。

サービスマッサージ店として必要なのは、お客さんの要求に答える事。

 

改善をお考えの方はご一考を。