· 

知らずしらずに動きは悪くなる。

知らずしらずに動きは悪くなる。 


原因のはっきりした怪我などの外傷を異なり、

自然と動きが悪くなっている関節の動きなどは、自分ではなかなか気がつきません。

 

傍からみている方がわかりやすく。

客観的な視点でないとなかなかわかりません。

 

 

これは体のメカニズムの問題で。

 

ちょっとした異常、

例えば体の傾きなどは

感覚を補正してしまうメカニズムが備わっているからです。

 

言いかえれば”慣れてしまう”訳です。

 

 良い方向の慣れであればいいのですが、残念ながら悪い方向にも”慣れ”は生じます。

 

よってほとんどの方が 

どこかしらの関節の動きが悪くなっていたり、

またそれから発生する自分自身の動きの癖などが必ずあります。

 

 

本来、できるはずの動きができなくなったりします。

また、動きの悪さから、筋肉にたいして無理な負荷がかかったりして

怪我や痛みの原因ともなります。

 

骨盤の前後左右の位置のズレは、股関節、膝、足首の動きにも影響します。

また、体幹である腰・背部の動きにも影響を及ぼします。

バレエなど正確な動きを要求される場合は、確実にパフォーマンスの低下を招きます。

 

コンディションの維持やパフォーマンス向上には、ねじれやゆがみのない体幹

つまり整った身体が必要となります。