· 

ノドの異変は、クビにでる。

ウィルスなどの病原体によって引き起こされる風邪などの感染症。

免疫の働きによって体を守っている事は周知の事実。

 

喉は、外界とせっする免疫機構の関門となる場所。

ノドの粘膜保護の為にも、常に潤っていてほしいポイントになります。

 

喉が乾燥してしまうと、粘膜が炎症をおこしやすくなり

病原体にとって簡単に侵入しやすい免疫システムの場となります。

 

そうはなりたくないですよね?

 

ちなみに喉の異変は”首”に出やすく

首のこり感として自覚できます。

 

普段首のこり感を感じない人が

急にコリ感を感じた場合などは、風邪の初期症状であることが

多々あります。

 

 

喉の痛みなどを感じやすい方は

首を冷やさない様に気をつける必要があります。

 

自宅で首をホットタオルなどで温めたり

外出時にはマフラーやストールなどはおすすめです。