· 

”しもやけ”の鍼療

立春もすぎましたが

寒い日が続いています。

 

暖冬気味ではあるのですが

寒さの影響もあって

手や足、特に末端部

指先の色が悪くなったりしている方も多い様です。

 

先日から

数件ほど

”しもやけ”の症状でご来院をいただいています。

 

ある方は

皮膚科に通われて

塗り薬と服用薬を処方されて

3週間ほど様子をみていたそうですが

一向に改善しなかったという事で

ご相談いただきました。

 

「例年、しもやけにはなったことがない」

という事でしたが

 

脈診・舌診してみると

胃腸症状が低下しており

冬に入った頃からずっと

下痢や便の渋りがあったよう

お腹が冷えている状態です。

 

内蔵が冷える場合

生命保護のため、手や足への血流より

内への血流優先とするのが人体のメカニズムです。

生命維持にとって

手や足は二の次になるわけです。

 

対処療法として

手や足の末端を暖めるという処置も有効ですが

”ひもやけ”は冷え症の症状

(現代では低体温症といいますね)

 

きっちり治していく場合は

内に対してのアプローチも必要です。